測量とは?

土地や戸建て住宅の売却を行う際に、測量が必要になる場合があります。

ここでは、測量について簡単にご説明します。



測量には、下記の大きく3つの作業があります。

  • ① 現地の計測を行う作業

  • ② 私有地との境界線を確定させる作業(隣地所有者全員と境界確認書を取り交します)

  • ③ 道路など公有地との境界線を確定させる作業(役所に申告して官民境界を確定します)


①は、「仮測量」または「現況測量」と呼ばれるもので、単純に敷地の面積を計測する作業です。敷地の規模により異なりますが、費用は概ね5~10万円程度です。


②と③は、土地の境界線を確定させる作業です。②と③を行う測量のことを確定測量と呼びます。この2つが完了していないと土地の分割(分筆登記)が行えないため、規模の大きな土地の売却では必須で、遅くとも買主への不動産の引渡しまでに完了させる必要があります。


②は、隣接地の所有者に立ち会ってもらった上で、境界の位置を確認し、境界確認書(筆界確認書)を取り交す作業です。所有者が現地にいれば速やかに完了できることが多いですが、遠方にいたり、連絡がつかない場合には、時間がかかります。


境界の確認は、互いに必要になる可能性があるものですので、同意を得られないケースは多くはありませんが、過去に境界線について揉めた経緯があったり、何かの理由で関係が著しく悪い場合には同意を得られないこともあります。(この場合には、筆界特定制度というものを利用しますが、解決にかなり時間(概ね1年前後)を要します。)


③は、役所に申請後、完了するまでに2か月前後の期間がかかりますが、完了できないことは通常ありません。


隣接地の数などによって費用は異なりますが、①~③まで含めると、30坪(100㎡)くらいの土地であれば30~50万円、100坪(330㎡)くらいまでの土地で60~80万円ほどが一般的です。


土地家屋調査士(測量士)さんによって費用は異なり、探すとかなり低額で請け負ってくれる方もいますが、土地家屋調査士(測量士)さんの腕は同じではないことには注意が必要です。


最後にできてくる図面や確認書類は、基本的には同じものになります。しかし、売却においては、②の私有地境界(民民境界)の確定をスムーズに完了できることが非常に重要で、この能力は土地家屋調査士(測量士)さんによって大きく異なります。


境界で問題が起こると、その影響は数百万~数千万円にもなりますので、価格だけではなく、信用できる実績のある土地家屋調査士(測量士)さんに依頼することが重要です。

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp