不動産売却専門 不動産売却パートナー

不動産売買の専門家

不動産売却パートナー

当社の売却事例

<コロナウィルス感染拡大下でも想定以上の高値で売却に成功>

 

 ご相続物件の売却で、想定よりも好条件の買主様が見つかりましたが、売主様は相続調停中で裁判所の手続完了にはもう数週間が必要でした。折悪く、コロナウィルスの感染が再拡大し、買主様が提示価格の見直しを検討する可能性が出てきました。
 

 幸い、調停は解決の目途がついたため、相続できなければ白紙解約にするという条件で買主様に同意いただき、当初想定していた金額よりも1,200万円高く売却することができました。
 

<大手仲介会社よりも760万円(25%)高く売却成功>

 売主様は、業界で1、2位を争う大手仲介会社に依頼して自宅を売却しましたが、売却価格が低く住宅ローンの返済等に問題が生じました。

 

 当社の仲介で改めて販売しなおし、当初の価格よりも760万円、約25%高く売却できました。

不動産売買の専門家とは?

​代表 宮崎 浩太

 

東京大学経済学部卒。

大手不動産仲介会社勤務を経て独立。売買の取り扱い実績は600億円以上。

 <所有資格>

  • 公認不動産コンサルティングマスター

  • 相続対策専門士

  • 宅地建物取引士

  • 不動産証券化協会認定マスター

  • 中小企業診断士

  • 日本証券アナリスト協会 認定アナリスト​​

 一口に不動産業界といっても、売買と賃貸・管理では分野が大きく違います。また、売買の中でも、例えば新築住宅の販売と土地・中古住宅等の仲介では、業務が全く異なります。


 これは、同じ医師免許を持つお医者様でも、内科や眼科、心臓外科など専門があり、それぞれ実力を十分に発揮できる分野は異なる、ということに似ています。


 不動産の売買仲介、特に土地・中古住宅の売却は、不動産業界の中でも専門性が高く、依頼先によって結果に差が出やすい分野です。

 

 当社は、不動産売買のエキスパートです。
 

不動産売却パートナーの特徴

  • 担当者の経験・実績が豊富

  • 売主様との情報共有を重視

  • 難しい物件への対応力が高い

  • 高いレベルで売主様の最善を追求

① 経験と実績が豊富なコンサルタントが担当します

 不動産の売買では、お客様・物件毎に様々な事情があるのが普通です。経験からしか学べないことも多く、経験豊富な担当者でなければ適切に対応できない、ということも度々生じます。


 規模の大きな会社では、能力の高い担当者は30代で管理職になることが多いため、経験や実績が豊富になるほど顧客担当を外れる傾向があります。


 当社では、経験・実績の豊富なコンサルタントだけがお客様を担当します。

② 売主様と一体になって売却を進めます

 

 売却の仲介は、売主様に代わって売却の実務を行う仕事です。しかし、担当者が一人で活動し、売主様のお考えが置き去りされてしまうこともあります。


 売却物件は売主様の財産ですから、本来、重要な決定は、売主様にしていただく必要があります。また、適切な販売活動を行う上では、売主様のお持ちになっている情報が重要な鍵になることもあります。


 当社は、売主様との情報共有を重視しています。お互いに必要な情報を十分に共有するため、最初の面談では、最低2時間の確保をお願いしています。

③ 複雑な物件・難易度の高い物件も得意です

 

 ほとんどの仲介会社で、担当者は、売上の金額で能力を評価されています。


 手を掛けず、売却を早く終えるほど評価されやすいため、手間・暇のかかる物件よりも、シンプルで売れやすい物件を重視する傾向があります。


 当社では、自分達が売主様に貢献できた内容を重視しています。手間・暇を要する複雑な物件や難易度の高い物件にも、しっかり、丁寧に対応いたします。

④ 高いレベルで売主様の最善を追求します

 

 不動産の売却では、販売や契約の方法を工夫することで、大幅に良い条件で売却できることがあります。また、売却のタイミングによって、税金が大きく変わることもあります。


 売却スキルの違いは、このような広範囲の条件・状況をどれだけ考慮して、どれだけ対応できるか、という点にあり、その水準は、担当者の知識・経験・能力によって大きく異なります。


 当社のコンサルタントは、高い能力と豊富な経験・実績をもつ売却の専門家です。高いレベルで売主様の最善を追求し、売却の成功に尽力します。

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp