不動産売却専門 不動産売却パートナー

公認会計士・税理士の先生との取り組み

公認会計士・税理士の先生のパートナーとして、クライアント様の相続・資産整理の不動産売却をお手伝いいたします。

​購入・投資・有効活用・リフォームにも詳しい知識・経験がありますので、単純な売却活動だけでなく、相続対策などのコンサルティングを含め、ご対応可能です。諸条件について柔軟に対応いたしますので、不動産に関することは何でもお気軽にご相談ください。

<売却業務の流れ>
 ① 調査・価格査定
 ② ご提案

 ③ 売却活動
 ④ 売買契約

 ⑤ 代金決済・引渡し

① 調査・価格査定

現地調査・役所調査等の詳細調査を行い、実際に売却可能な金額を査定します。

売却活動を先行させ、購入申し込みがあった段階で詳細調査を行う不動産会社さんもありますが、調査の結果、問題が見つかった場合には、売買価格が大きく下がり、クライアント様の見込と異なってしまう可能性があります。

当社では、そのようなリスクを避けるため、初期段階の調査を重視しています。

② ご提案

売主様の状況、ご売却物件の特性ごとに、適した売却方法は異なります。クライアント様の意見はもとより、先生ともご相談をさせていただき、よりクライアント様に適した売却方法をご提案いたします。売却以外の方法が最適と思われる場合には、その旨をお知らせいたします。

③ 売却活動

承認いただいた内容に基づき、売却活動を進めます。

個人が購入するには規模が大きすぎる物件や、物件に問題が有り瑕疵担保免責を希望される場合には、基本的にはプロの事業者を買主として想定し、買い手を探索・選定します。物件に問題が少なく、個人などの一般顧客を買主に想定できる場合には、不動産流通機構(レインズ)を中心に販売活動を行います。

必要に応じて、隣地など近隣者への直接売り込み、ポスティング等を当社で行い、高額での売却可能性を追求します。

④ 売買契約

売買契約の準備として、重要事項説明書・売買契約書の作成およびその他の各種手配を行います。

⑤ 代金決済・引渡し

​売買契約締結後は、速やかに代金決済・引渡しができるように、関係者の調整を行います。ご使用中の場合は、スムーズに転居が行えるようにアシストをいたします。

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp