不動産との出会い・売却へのこだわり

私の不動産との出会いは、中学生・高校生だったバブルの頃です。

その時期には、医師だった父宛に不動産会社から投資用マンションの購入を勧める営業の電話が家に頻繁にかかってきていました。

 

父は夜遅くまで病院で仕事をしていましたから、ほとんどの電話は母が取っていました。夕食の準備をしている忙しい時間帯にも遠慮なく掛かってくる営業電話に、よく母が困っていたことを覚えています。

私が大学に進学して上京した際に、父が購入したマンションの一つを見る機会がありました。間取や設備などが良くなく、素人目にも賃貸しにくそうで、不動産会社の担当者が、不動産の素人である父に購入を勧めるのに適切な物件とは思えませんでした。

詳しくは聞いていませんが、バブルの時に不動産投資したほとんど全ての人がそうであるように、父もその整理にはかなり苦労をしたと思います。

この経験から、不動産は、生活上も、財産上も非常に重要な資産であるのに、業界には必ずしも信頼できる人材が十分いるとは言えないのではないか、と思うようになりました。

それであれば、自分が何か役に立てるのではないか?一旦は別の業界に進みましたが、この思いが消えず、不動産業界に入りました。

そうして数多くの不動産売買に携わり、色々な物件を取扱い、様々なお客様のお手伝いをする中で、ある時、気付くことがありました。

不動産を買う人は物件を選びます。物件ごとに担当者は変わりますし、担当者が少し不出来でも、物件が悪くなければリスクは限定的です。

一方で、不動産を売る人はパートナーを選ぶことになります。担当者に十分な能力と誠実さがなければ、売主様のリスクは非常に大きくなります。

このため、私は、不動産の売却に限定してお手伝いをすることにしました。信頼できるパートナーとして、皆様のお役に立てればと考えています

​代表者経歴

​代表取締役 宮崎 浩太

東京大学卒(1999)。メーカー勤務を経て、大手不動産仲介会社入社。法人営業部門で、不動産ファンドと上場企業を担当し、1棟マンション・ビル・商業施設などの収益不動産と、倉庫・事業用地など事業不動産の売買仲介に従事しました。(2011年下期、営業成績全社1位獲得)

広い経験を積む目的で個人営業部門に異動し、土地・戸建・マンション・アパートなど一般住宅・収益不動産の売買仲介に従事。相続や債務整理案件等を含め、様々なお客様・不動産を担当し、実務知識に加え、人間的にも非常に勉強させていただきました。

​その後、マネージャーを経て、ソニーグループのソニー不動産株式会社にスタートメンバーとして入社。不動産売却仲介事業をゼロから立ち上げたことが高く評価され、執行役員に就任。果たすべき役割を一通り終えたタイミングで退職し、2017年10月より現職です。

​​これまでに直接仲介した不動産は約600億円。居住用・投資用・事業用の全ての不動産の取り扱い経験があるほか、賃貸管理やリフォーム事業の責任者を務めたこともあり、幅広い経験を積んでいます。

​ <所有資格>

  • 公認不動産コンサルティングマスター

  • ​相続対策専門士

  • 宅地建物取引士

  • 不動産証券化協会認定マスター

  • 中小企業診断士

  • 日本証券アナリスト協会 認定アナリスト​​

 

​ <取扱実績>

 居住用不動産

  • 東京・神奈川を中心に、土地・マンション・一戸建て多数

 収益不動産

  • アパート:東京・神奈川を中心に多数

  • 一棟マンション:東京・大阪・愛知・兵庫・三重

  • オフィスビル:東京

 事業用不動産

  • 商業施設:東京・大阪

  • 事業用地:神奈川・大阪

  • 寮:千葉県

  • 倉庫:三重県

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp