不動産売却専門 不動産売却パートナー

不動産を​高く売る仕組み

 

現実として、多くの不動産が本来の価値よりも安い金額で売却されてしまっています。その理由は大きく4つあります。

 ① 買い手にリスク・不安がある
 ② 売却物件が商品になっていない
 ③ 情報が届いている買い手が少ない
 ④ 買い手が競争していない

 

これらの要因に対応することで、これまでよりも高値での売却が可能になります。

① 買い手にリスク・不安がある

 

通常の商品の購入と異なり、不動産の売買では、個人の売主様の責任は限定されており、買い手が多くリスクを負う仕組みになっています。


一見、これは売主様に都合が良い仕組みに見えますが、物件のことを売主様ほど知らない買い手は、リスクや不安の分を過剰に考慮することになるため、成約価格が本来の価値よりも安くなってしまいます。


当社は不動産の調査会社でもあるため、事前に徹底的な調査を行い、買い手のリスク・不安を低減します。

② 売却物件が商品になっていない

 

商品を消費者として購入することに慣れている買い手にとって、手を入れていない状態の不動産は、不完全で、魅力に欠ける物件に見えます。


当社では、販売の前に室内のクリーニングや部分リフォーム、外装・庭の手入れ等を行い、商品として仕上げます。これにより、買い手に売却物件の本来の価値を伝えることができます。

③ 情報が届いている買い手が少ない

不動産売却では、チラシと物件サイト掲載が主要な広告方法ですが、全ての買い手が見る絶対的な媒体はなく、どの広告でも、買い手の一部にしか情報は届きません。

 

また、買い手の行う物件探しは非常に労力がかかり、活動は長期間に渡るため、買い手には、積極的に売却物件をチェックしている人の他、タイミング的に物件探しが低調になっている人も多くいます。広告では、それらの買い手に情報を届けることはできません。


当社は、他社の顧客網と広告活動を活用することで、自社中心で行う営業・広告よりも多くの買い手に情報を届けることができます。

④ 買い手が競争していない

 

不動産を購入する買主は最終的に一人に限定されるため、一般的に販売活動は一人の買い手を見つけるように行われます。しかし、それでは売却価格は本来の価値よりも安くなってしまいます。


なぜなら、買い手は、自分以外の買い手候補がいないと自分の購入判断に自信が持てず、安く買いたい気持ちが強くなってしまうからです。


当社では、複数の買い手を見つけ、競争する状況になるように販売戦略を策定し、販売活動を行います。

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp