不動産売却専門 不動産売却パートナー

売却の知識

不動産の売却には様々なケースがあり、実際にはかなり複雑です。しかし、分からないことの全てを担当者任せにすると、売却が失敗しやすくなります。

仲介担当者も正確に理解できていないことがありますし、言っていること、やっていることが適切かどうかを判断するにも、ある程度の基本知識が必要です。

ここでは、不動産の売却について、3つの切り口で分類しています。興味のあるところだけで大珠部ですので、ぜひお読みください。

  1. 不動産売却の基礎知識

  2. 不動産売却を成功させるコツ

  3. 売却ケース別の解説

1. 不動産売却の基礎知識

 

不動産売却のおおまかな流れ

不動産の売却は、金額が大きく、生活への影響も大きいので、できるだけ失敗したくないものです。どういうことかを事前に理解していれば、損せず安心して売却を行うことできます。
手続きや用語が専門的で、少し分かりにくいので、まずは大きな流れを把握しましょう。

不動産の売り方・仲介とは?

不動産の売却を考えたら、まず「どういう売り方があるのか?」ということが気になるでしょう。ここでは、代表的な売り方である仲介についてご説明します。

媒介契約の種類と選び方​

媒介契約とは、自分の不動産の販売活動をその不動産会社に任せる、という契約のことです。ここでは、媒介契約の種類とその選び方をご説明します。

マンションの買取とは?

マンションの売却については、近年、リノベーション再販事業(リノベ再販)を行なっている不動産会社が買い取るケースがかなり増えています。
​ここでは、マンションの買い取りについてご説明します。

測量とは何か?

土地や戸建て住宅の売却を行う際に、敷地の測量が必要になる場合があります。
ここでは、測量について簡単にご説明します。

2. 不動産​売却を成功させるコツ

 

査定依頼時の心構え

査定依頼は、不動産会社にとっては、不動産の売却を任せてもらえるかどうかが決まる非常に重要なイベントです。そのことを知らずに、軽い気持ちで査定依頼をすると、思わぬ失敗をする可能性があります。ここでは、査定依頼をする時にはどんな心構えが必要なのかをご説明します。

自宅を売却する際の内覧の流れ

自宅を売却することになったら、興味を持っている方に実際に家の中を見せ、購入を検討してもらうことになります。これを内覧または内見と呼びます。ここでは、内覧がどのように行われるのかをご説明します。

自宅を売却する際の内覧のポイント

居住中で売り出す場合、空室の家と違い、実際に生活している家を見てもらうことになりますから、ありのままを見てもらえば良いというわけではありません。

ここでは、より良い条件で売却するために、押さえておくべきポイントをご説明します。

不動産会社・担当者のチェックポイント

不動産を安く売却してしまわないためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

ここでは、安く売却してしまう危険を回避するための不動産会社・担当者のチェックポイントをご説明します。

不動産の種類別の注意点

不動産を安く売却してしまわないためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?
ここでは、安く売却してしまう危険を回避するための不動産の種類ごとの注意点をご説明します。

3. 売却ケース別の解説

 

世田谷区の不動産売却 成功の指針

不動産は、地域ごとに市場が異なるため、売却では地域の特徴を適切に理解しておくことが必要です。ここでは、世田谷区で土地や一戸建て住宅・マンションなどの不動産の売却を成功させる方法についてご説明します。

​ローンが残っていても売却できる?

マンションや戸建て住宅など家を売りたい時に、まだローンが残っている場合もあります。
ここでは、ローンが残っている時、家を売ることはできるのかについて、ご説明します。

​相続物件の売却の流れ

相続した不動産を売る時の流れをご説明します。

物件を賃借人に売却する場合の契約条件

賃貸中の物件を賃借人に売却する売買では、契約条件が通常の売買とは異なる項目があります。ここでは、通常の売買との違いについてご説明します。

底地の売却について

人に貸している土地を底地と言います。ここでは、底地の売却についてご説明します。

© 2017 Fudousan Data Bank K.K.

お問い合わせ |  contact@fdb.co.jp